上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーウエイトレシオ
パワーウェイトレシオ(Power-to-weight ratio、出力荷重比、馬力荷重)とは、自動車などの輸送機械の重量(weight)を、そのエンジンの出力 (power)で割った値(比率, ratio)のこと。主に自動車の加速性能を表す指標として用いられ、この値が小さい方が高性能とされる。この他、オートバイ、船舶、航空機など自動車以外の輸送機械、あるいはエンジンそのものの性能を表す場合にも用いられる。

加速性能はその輸送機械(例えば乗用車)にとって重要な性能の一つである。一般に乗用車の性能としてはエンジンの出力だけが注目されがちであるが、同じ出力のエンジンを積んだ車であっても車体の重量が異なると、得られる加速感には違いが生じる。加速度は、エンジンの出力によって前に進もうとする力に比例し、機械全体の質量に反比例するため、同じ出力のエンジンならば、軽い車の加速度は大きく、重い車では小さい。このためエンジン出力だけでは加速性能の良い指標とはならない。そこでより加速感に則した指標値として、パワーウェイトレシオが用いられる。パワーウェイトレシオは重量を出力で割った値であるが、この値が小さいほど大きい加速感が得られ、加速性能がよいことを意味する。
ウィキペディアより

いろんな車両のパワーウエイトレシオを概算で纏めてみた。

2輪編
・XJR400 2001年型 ・・・ 176kg / 53ps = 3.32
・XJR1300 2001年型 ・・・ 222kg / 100ps = 2.22
・ZZR1400 ・・・ 215kg / 190ps = 1.13
・CBR100R ・・・ 176kg / 172ps = 1.02
・YZF-R1 ・・・ 173kg / 175ps = 0.98
・GSX-R1000 ・・・ 166kg / 178ps = 0.93

4輪編
・ラパン(NA) ・・・ 780kg / 54ps = 14.44
・インプレッサWRX STI VER6 ・・・1280kg / 280ps = 4.57
・F1 フォーミュラーカー ・・・ 600kg / 800ps = 0.75

さすがにF1半端ないですね。
仮にXJR1300君をカスタマイズしたとして・・・
・フルエキ交換・・・10psUP、10kg軽量(仮) = 212kg / 110ps = 1.92
・エアクリ交換・・・5psUP(仮) = 212kg / 115ps = 1.84
・インシュレータ交換・・・ 5psUP(仮) = 212kg / 120ps = 1.76
・キャブ交換・・・20psUP(仮) = 212kg / 140ps = 1.51
・ホイール交換・・・4kg軽量(仮) = 208kg / 140ps = 1.48

・インシュレータ交換後、ホイール交換 ・・・ 208kg / 120ps = 1.73
あくまで概算です。
あしからず。

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ 
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ ネイキッドへ 

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。