上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間もなく暫定税率の期限切れとなります。
ガソリンがリッター25円安くなります。
ウチは車5台。バイク1台とガソリン代がすごい。
(田舎なので一人一台なんです)
なのでとても関心のある話題。

一見、ガソリンが安くなってイイじゃん!と単純な私は
喜んでいた。だってインプレッサはハイオク仕様。
リッター160円!!
しかし代償として道路整備の財源がウン兆円少なくなるんだとか。
それは困った・・・ということになるのだが、
国交省の無駄遣いが毎日ように報じられる。
国民の怒りは頂点です!!
道路!どぉ・うぅ・ろぉ!特定財源でしょ?
道路以外に使っちゃいけないんでしょ?
子供でも分かる。

この世論にさすがに福田首相も道路特定財源の
一般財源化を言ってきましたが、時すでに遅し。。。。
暫定税率の期限切れなんかずーっと前から分かっていたのに
なんで、今になって騒ぎ始めるのか。日銀総裁人事もそうだ。
まるで子供が夏休み終わり間際に泣きながらサボっていた宿題を
やっているかのようだ。

暫定税率は1ヵ月後には衆院の再可決で復活する模様。
暫定と言って50年。
暫定って、どういう意味?

年金問題にしても、政府の言い訳は屁理屈に聞こえてくるのは私だけだろうか。
詐欺といわれてもしょうがないよね。。。

私個人の意見としては(大まかですが)
1.暫定税率は廃止し、適正な税率を決める。
  税率は今後の中長期道路建設計画によって決定される。

2.高速道路の中長期道路建設計画は各高速道路株式会社が策定する。

3.道路特定財源は一般財源化し広く活用できるようにする。

4.必要な道路は作る。不必要な道路は作らない。

5.必要な道路とは?の基準を作る。基準を満たす道路のみ作る。

一言で言うと、
「どれだけの道路が真に必要で、いくらかかるからこれだけの
税金をちょうだいね」っていうこと。

ポイントは基準をどう作るか?そしてどのように運用するか。
みなさまどうでしょう?

↓ブログランキング参加しています。ポッチっとお願いします↓
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ にほんブログ村 バイクブログ ネイキッドへ 

スポンサーサイト

| HOME |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。